Juice=Juice

【なぜ?】金澤朋子の病気,卒業について考察してみた

 

みなさんこんにちは。ぽる@poruw__です。

今日も芸能サイトやまとめサイトには載ってない内容をお届けするをポリシーに、愛するハロー!プロジェクトについて書いていきます。

 

本日はJuice=Juiceの金澤朋子さんの卒業についてです。

 

Juice=Juiceの前回の宮本佳林ちゃんの卒業から約1年半ほど経っています。金澤朋子さんの卒業で残るJuice=Juiceのオリジナルメンバーは植村あかりさん1人になってしまいました。

 

あぁ、寂しい。なんなんだろう。この心にぽっかりと空いてしまったものは。

 

後ほど、卒業理由も説明しますが1番悔しいのは本人でしょうし、個人的にはまたステージに立ってくれると信じているので、オタク一同その時を楽しみにしています。

 

これで2021年の卒業発表者は、アンジュルムの笠原桃奈さん、モーニング娘。の佐藤優樹さんの卒業に続き、3人目の卒業発表になりますね。みんな今のハロー!プロジェクトの中ではベテラン勢です。

 

さて、そんなJuice=Juice金澤朋子さんの卒業に関して、以下の疑問についてまとめました。

 

・なぜ卒業を決めたのか?卒業公演はいつ?

・このタイミングで卒業を決心した理由は?

・Juice=Juiceの今後についての考察

・今後はどのような活動をしていくのか?

 

Juice=Juiceの歴史についてはこちらの記事で徹底解説してます。このストーリーがあるからこそこの金澤朋子さんの卒業の、オリジナルメンバー卒業の重みがよく分かります。

◾︎前編:結成〜梁川奈々美さん・段原瑠々さん加入まで

◾︎後編:稲場愛香さん〜宮本佳林卒業まで

【徹底解剖:前編】Juice=Juice | 歴代メンバー紹介【初心者向け】

【徹底解剖:後編】Juice=Juice | 歴代メンバー紹介【初心者向け】

金澤朋子(かなとも)の卒業理由とタイミング

 

Juice=Juiceの初期メンバーの1人である金澤朋子さんの卒業が発表されました。メンバーカラーは赤。

2013年のJuice=Juice結成から約8年間、ハロプロ研修生出身メンバーではあるものの、研修生期間は非常に短く、実質オーディション組としてJuice=Juiceに大抜擢され、未経験ながらも歯を食いしばってついて行き、もはやハロプロを代表するスキルパーフェクトメンバーの1人として大車輪の活躍をしています。

 

ビジュアル、歌唱力、表現力、トーク、キャラクター。ダンス以外であれば、どれをとっても一級品。その全てのスキルでハイスコアを叩き出しているのが、金澤朋子さんです。まさにオールラウンダー。

 

ハロプロメンバーで1人お手本にするなら、金澤朋子さんか稲場愛香さんの2択だと思ってます

 

金澤朋子さん卒業を決意したポイントは以下の通り。

・2016年に発症した子宮内膜症が完治しない

・そのせいで体調が安定せず、リーダー&ハロー最年長として歯痒い気持ち

・医師からも一度回復に専念した方が良いとの診断を受け、卒業を意識

・Juice=Juiceの単独コンサートが初の@横浜アリーナで開催決定

 

そんな金澤さんの卒業時の事務所からの発表内容がこちら。

いつもJuice=Juice及びハロー!プロジェクトを応援いただきありがとうございます。

メンバーの金澤朋子ですが、2021年11月24日に横浜アリーナで行われる
Juice=Juice単独コンサート『Juice=Juice Concert 2021 ~FAMILIA~』をもって
Juice=Juice及びハロー!プロジェクトを卒業することになりました。
急なお知らせとなりましたことをお詫びいたします。

9月中旬より子宮内膜症による体調不良が続いておりましたが、現在も体調は安定せず、
医師から金澤の将来のことも考えて、活動から距離を置いてしっかり静養し
治療に専念することが先決であると診断されました。

症状の改善を最優先に考え、Juice=Juiceのコンサートをもって卒業したいという本人の意志を尊重し、11月24日に行われる横浜アリーナでの単独コンサートを金澤の卒業公演とする結論に至りました。

そして卒業公演に向けた体調を考慮して『Hello! Project 2021 秋 「続・花鳥風月」』のチーム月公演はすべて欠席とさせていただきます。その他の卒業までの活動については、体調を見ながら判断していきます。

2013年にJuice=Juiceの結成メンバーとして活動をスタートして以来、常に全力で活動してくれました。
本意ではない形での卒業となりますが、金澤が少しでも悔いなく卒業できるようサポートしていきます。
卒業後はソロ活動を考えていますが現状では判断できないため、
症状が改善され、落ち着いてから追々決めていくことといたします。

関係者各位並びにファンの皆様には、ご心配、ご迷惑をお掛けする事を重ねてお詫び申し上げます。

12月には金澤も参加したJuice=Juiceのシングル発売を予定しています。
引き続き、金澤朋子そしてJuice=Juiceの応援をよろしくお願いいたします。

2021年10月6日
株式会社アップフロントプロモーション
代表取締役 西口猛

 

 

続いて金澤さん本人のコメントがこちら。

 

いつもあたたかい応援ありがとうございます。

私金澤朋子は11月24日(水)に横浜アリーナで行われる『Juice=Juice Concert 2021 ~FAMILIA~』をもって、Juice=Juice及びHello! Projectを卒業します。

突然のご報告で皆様を驚かせてしまい、本当に申し訳ありません。

私は9月中旬頃から子宮内膜症による体調不良が続いており、
安定して活動を行うことが出来なくなっていました。

グループのリーダーであり、Hello! Projectの最年長という立場でありながら、メンバーやスタッフさん方、そしてファンの皆様にご心配とご迷惑ばかりおかけしてしまっていることにやりきれない悔しさを感じており、

そんな中で医師から、将来のことを考えて活動から距離を置いて静養し治療に専念すべきと言われ、卒業について考えるようになりました。

Juice=Juiceは私にとってほかの何にも変えられない特別な宝物です。
今までもこれからも、Juice=Juiceが大好きです。

そんな大好きなJuice=Juiceを離れるというのは、私の中でこれまでにない大きな決断でした。

でも、大好きだからこそ、このまま中途半端に活動を続けていくのは絶対に嫌だという気持ちがあったので、卒業を決意しました。

本来このタイミングでの卒業は予定していなかったのですが、自分自身が決めたことなので、悔いなくやりきれるよう前を向いていくほかないと思っています。

そして最後はJuice=Juiceの単独コンサートで、という強い思いがある為『Hello! Project 2021 秋 「続・花鳥風月」』は以降の公演もすべて欠席させていただき、
横浜アリーナ公演に向けて調整していくことに決めました。

楽しみに待ってくださっていた皆様、申し訳ありません。

Juice=Juiceの金澤朋子として結成から8年以上活動が出来たこと、とても嬉しく誇りに思います。

関わってくださっているすべての方に感謝の気持ちを込めて、
卒業まで精一杯、丁寧に、今出来ることを頑張っていきます。

卒業後は、安定した健康状態を維持できるよう身体を休めることにまずは専念させていただきます。
その後はソロで活動することが出来ればと思っておりますが、
体調のこともあるので、これから慎重に考えて決めていくつもりです。
どうかあたたかく見守ってくださると幸いです。

最後までよろしくお願い致します。

2021年10月6日
Juice=Juiceリーダー 金澤朋子

 

この1文1文をみていると自然と涙が出てきます。

Juice=Juiceのリーダーとして、ハロプロ最年長として、メンバーを引っ張っていかなければならない立場にいるにも関わらず、自分の体調がコントロールできず、むしろ迷惑をかけてしまっている現状に悔しさを感じていると。

 

金澤朋子さんは現在26歳。

2010年頃から噂されていたハロー!プロジェクトの25歳定年説をぶち壊した偉大なメンバーです。

2021年の7月5日に開催された「Juice=Juice 金澤朋子バースデーイベント2021 ~Phantom~」では、年齢を理由に辞めたりはしない。25歳定年説をぶち破れた事を誇りに思う。と会場を大きく沸かせていて、これからももっともっと輝くと誰もが夢をみてました。

 

だからこそポジティブな理由だったらどれだけオタクの心も晴れやかだったか。神が憎い。憎すぎる。

-AD-

金澤朋子(かなとも)の今後の活動について

 

金澤さんの今後の活動についてまとめます。

・健康状態を保てるよう回復に専念

・その後はソロ活動を予定(M-line clubか…?)

 

ちなみにM-line clubとは、主にハロプロを卒業したアーティストが所属しており、いつものバースデーイベントであったり、たまにはディナーショーだったり、ちょっと大人なFCイベントも開催されたりします。

ディナーショーはお洒落なレストランで1回/15,000円したりするのでマジで大人なイベント。

 

さて、この子宮内膜症という病気、一体どんなものか調べてみました。管理人は医師ではないので、確かそうなソースを元に引用します。

・20~30代の女性で発症することが多い

・女性10人に1人がかかるよくある病気

・月経痛が強くなる、月経時以外にも下腹部痛や腰痛、排便痛、性交痛を併発

・再発の可能性が高く、長期での付き合いが必要

「子宮内膜症とは」

子宮内膜またはそれに似た組織が何らかの原因で、本来あるべき子宮の内側以外の場所で発生し発育する疾患が子宮内膜症です。20~30代の女性で発症することが多く、そのピークは30~34歳にあるといわれています。

子宮内膜症は女性ホルモンの影響で月経周期に合わせて増殖し、月経時の血液が排出されずにプールされたり、周囲の組織と癒着をおこしてさまざまな痛みをもたらしたりします。また、不妊症の原因にもなります

「治療法は?」

大きく分けて薬による治療と手術による治療があり、症状の種類や重症度はもちろん、年齢、妊娠の希望などを総合的に判断して最適な治療法を選択していきます。
痛みに対してはまず、鎮痛剤を使用します。効果が得られない時はホルモン量の少ないピル(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬/低用量ピル)を用います。視床下部ホルモンであるGnRHの拮抗剤(アゴニスト)や黄体ホルモン剤などが用いられることもあり、女性ホルモンの分泌を抑えたり直接病巣に作用させたりして症状を緩和させます。

卵巣の内膜症性のう胞(チョコレートのう胞)などの病巣部がはっきりしている場合は、手術を考慮します。妊娠を望んでいる場合は、病巣部のみを切除して子宮や卵巣の正常部分を残す手術を選択します。妊娠を望まない場合には、病巣のみの摘出に加えて、子宮、卵巣および卵管などを摘出することもあります。

「長期の経過観察が必要」

子宮内膜症は、どの治療法を選択しても将来的に再発する頻度が高いことや、卵巣の子宮内膜症性のう胞は長い年月を経ると稀ではありますが癌化することなどから、長期にわたる経過観察が必要です。

公益社団法人 日本産科婦人科学会

 

女性の方であれば、よくご存知の内容かもしれません。また、辛さであったりも非常に共感できることでしょう。

今後の金澤朋子さんの活動は、この子宮内膜症と向き合いながら今後の活動について考えていくということになりそうですね。

-AD-

金澤朋子卒業に対するハロプロメンバーの反応

 

まずは、初期メンバーの植村あかりさんから。

金澤朋子ちゃんの卒業が発表されましたね!
一足遅くなりましたが朋子の卒業の話をしますね!!

(朋子は発表した日ずっとあたしのブログの更新を待っていてくれたそうです!お待たせ!)

朋子読んでる?

あたしはいま書いてるよ!

これを読み終えたらきっとブログであたしへの言葉を存分に書いてくれるんだろうな☺️

な??

朋子も卒業についてきっと完全に心が追いついては居ないと思うんだけど、今まで当たり前のようにしていた事がどんどん最後を迎えていってることでやっと実感も湧いてきてるのかなあと思います。

あたしからみた卒業というものはその子が初めて決断した大きな選択を後押しして心の底から喜んで送り出すことだと思ってました

だからステージ上でメンバーの卒業で泣いたことはありません

正直今回の卒業理由はいつもとはすこし違うけど、変わらず笑顔で送り出したいと思います。

でもこれも運命ですね〜

頑張ってきた事に変わりはないし何より自分を大切にする事を選んでくれて嬉しい!これが今の気持ちです

 

横浜アリーナで行われるツアー名が変わります!

 

Juice=Juice Concert 2021 〜FAMILIA〜 金澤朋子ファイナル

みってるー…植村あかり

 

 

「だからステージ上でメンバーの卒業で泣いたことはありません」

 

強い、頼もしい言葉。

残る後輩メンバーも安心しますね。先輩メンバーのこういう言葉を聞くと。

宮崎由加さんの卒業でもリハーサルで金澤さんが泣いたり、本番で高木紗友希さんが泣いたりしていましたが、植村あかりさんは違いましたね。

あのゆかにゃへの絡み方、是非みんなに見てほしいです。ステージ上を意識してない素の部分というか、ちょっと反抗期な可愛い妹っぽい絡み方というか。もうあーりーの人柄が存分に出てます。好き。

U-NEXTでも配信されているので、登録している方は是非そこに注目して観てください。

 

続いて、松永里愛さん。

本当に楽しみな若手の1人です。発言ひとつひとつにパッションがある。

 

先程、金澤朋子さんのご卒業が発表されました。

お話を伺った時は色んな感情が渦巻いていてどうしようも無い状況でしたが

今はもう覚悟を決めてるって言ったらなんだかおかしいですが

その後のJuice=Juiceの未来も絶対に繋いでいきます。

そして、金澤さんが大切にされてきたJuice=Juiceを私も今以上に大切にしていきます。

金澤さんがJuice=Juiceとして立つラストステージの横浜アリーナ

愛と誠意を持って臨みます。

Juice=Juice 松永里愛

 

大好きなお姐様❤️💙

 

そして皆さん
私がここ1年ほど金澤さんにべたべた張り付き住所を聞き出したりなど

私の活動は金澤さんを中心に行われていたので。笑

ご心配されるかと思います

大丈夫です。

 

寂しくなったら金澤さんに電話をかけますし、出なければ家に行きます。

私は1人でも立ち上がれるタイプだったみたいです。

だから大丈夫。

私は金澤さん卒業後に誰が私に強く突っ込みお世話係をしてくれるんだという不安でいっぱいです😕😕

もう!工藤由愛があわあわしちゃうんだから!!

愛 松永里愛

 

-AD-

金澤朋子(かなとも)卒業後のJuice=Juiceはどうなる?

 

さて、気になるのは今後のJuice=Juiceの体制です。

 

Juice=Juiceに”金澤朋子がいなくなる”インパクトは正直計り知れません。

 

Juice=Juiceの僕の印象は、「才能と最上」のグループです。ハロプロメンバーの中でもスキルの高いメンバーが多く、グループとしてパフォーマンスの完成度が非常に高い。ユニゾンも綺麗だし、それぞれのソロパートもしっかり決めてくる。全員カッコいい。

ただ、その中でも金澤朋子さんの存在感は圧倒的でした。Juice=Juiceのあのユニゾンやブランドを守り抜き、育ててきたのも金澤さんだと思っています。

以前放送があった、ハロプロメンバーが選ぶ!ハロプロNO.1歌唱力&ダンスでもJuice=Juiceのメンバーが上位ランクインしております。

 

歌唱力では、

1位:高木紗友希さん 25票

3位:段原瑠々さん 8票

ダンス部門では、

1位:稲場愛香さん 19票

速報】石田惨敗!!14人もいるグループに居ながらダンスメンとしてハロプロ全体で9票しか入らない悲惨な結末wwwwwwwwwwww | ハロアップデート

スキルトップレベルなのはこれで証明されたかと思います。

 

そんな、Juice=Juiceの今後の体制において考えなければいけないのは以下の3つの項目です。

①新リーダー、サブリーダー

②Juice=Juiceのグループコンセプトの継承

③金澤朋子さんの膨大な歌割り

 

個人的な予想にはなりますが、順番にみていきます。

金澤朋子卒業後の新リーダー、サブリーダーは?

 

新メンバーも含めると、今後はこの9人体制に移行します。

 

  • 植村あかり
  • 稲場愛香
  • 井上玲音
  • 段原瑠々
  • 工藤由愛
  • 松永里愛
  • 有澤一華
  • 入江里咲
  • 江端妃咲

 

リーダーは順当にいくと植村あかりさん

そして現在は不在のサブリーダーに段原瑠々さんと稲場愛香さんが就任することになりそうですね。ほぼ確定と言って良いでしょう。稲場さんが、先にリーダーになるとは個人的にはハロプロ的にはないかなと思いますし。

植村あかりさんもJuice=Juice愛が非常に強く、パフォーマンス面でもハロコンでもメインパートも任されており、実力も十分。

リーダー的なマインドはどうか?と聞かれると分からないという答えになってしまいますが、オーディション組でJuice=Juiceに加入して、ここまでパフォーマンスを磨き上げてきているため、努力家であることは間違いありません。

そしてマインドについても、事務所の策略かもしれませんが、2021年10月11日にMBSで新番組「西乃風ブラン堂」で初MCを務めることになり、アンジュルムのサブリーダーでしっかり者の川村文乃さんとタッグを組んでいます。

この番組が植村あかりさんの成長の場になる気がします。

・外部の人とどのように仕事をしていくのか?

・Juice=Juiceというグループを知ってもらうためにはどうすれば良いのか?

・MCとしてどのように振る舞えば良いのか?

しかも川村文乃さんと一緒ということで安心して取り組めますし、なんといっても川村さんはこの手のお仕事は得意中の得意ですから!

Juice=Juiceのグループコンセプトの継承

 

オリジナルメンバーが残り1名となってしまうJuice=Juiceで起こる大きな変化は、過去スマイレージからアンジュルムに改名した時と同じ変化が待ち受けています。

それがオリジナルメンバーが醸成した”グループコンセプトの継承”です。

 

アンジュルムの継承については、こちらの記事で解説しております。

【徹底解剖】アンジュルムの歴史とメンバー紹介【初心者向け】

 

さて、アンジュルムでいうグループコンセプトとは「自由と個性」。どんなメンバーが加入してもそれぞれの個性が爆発し、それがグループとしての勢いに相乗効果で乗っかってくる感じ。

では、Juice=Juiceのそれとはなんでしょうか?

これは非常に難しいなと自分でも思います。Juice=Juiceの個性ってなんだろうと。もちろんパフォーマンスは素晴らしくて、ハロプロの中でグループトップの完成度といっても差し支えないでしょう。でも、それはグループコンセプト=個性とは違う気がします。

パフォーマンスの優れたメンバーが加入していけばJuice=Juiceとしての結成当初からのあのJuice=Juiceの文化・個性を継承し続けられるのか?と言われると疑問だからです。

結論としては、正直明確なコンセプトとなりうる個性はないんだと思います。

そもそもオリジナルメンバー+段原瑠々さん、稲場愛香さんの雰囲気と工藤由愛さん+松永里愛さん+新メンバー3人の雰囲気って違う気がするんです。大きなギャップがある。

どうしても前者は苦労人というイメージがついてしまっているのも個人的にあります。

(アンジュルムのように個々の具体的な個性をもとにグループコンセプトが完成しているのはかなり特殊かもしれません。)

これからJuice=Juiceというオリジナルメンバーが持っている苦労人感みたいなものをどうグループとして昇華させていくのか今後の体制は非常に気になるところです。

金澤朋子さんの歌割り

 

これは事務所側が1番頭を悩ませるところではないでしょうか。

Juice=Juiceの歌声のアウトラインといえば金澤さんの艶やかな声色です。Juice=Juiceの癖なんですよね。もうあの声がないとダメな脳になってしまっている。

金澤さんはJuice=Juiceの歌唱面としてメインを張っていたこともあり、歌割りは非常に多く、美味しい歌割りも多くあるメンバーです。

しかも、Juice=Juiceの場合は卒業などを機に、既存の歌割りも変更になります。つまり、元々自分が歌っていたパートが他の人のパートになるということもあります。

正直、歌割り至上主義のモーニング娘。ではあり得ないことです。モーニング娘。で起こったら、全メンバーが発狂しそうです。笑 ただ、Juice=Juiceメンバーはそこを当たり前のようにこなしているのがプロだなぁと感じさせます。

イジワルしないで抱きしめてよの”私はローズクォーツ”

プラトニック・プラネットの”絶対 あなたじゃなきゃ嫌だよ”

ロマンスの途中の”ロマンスの途中”

 

めちゃくちゃ興味深い、Juice=Juiceの歌についてフォーカスした記事です。それぞれのユニゾンの相性だったり、歌い方だったりも書かれています。

歌割りについて

―面白いですねえ! これから新体制になって歌割りもガラッと変わると思います。歌割りはディレクターさんが決めていると思うんですけど、何か規則性みたいなものはあるんですか?

段原 ない(笑)。

金澤 全然不規則ですね。立ち位置をつけてから「やっぱり、この子が歌ったほうがこの位置にいるからいいんじゃない?」っていう理由で変わったりするし、臨機応変にやってます。あとは、例えばもともと宮崎由加ちゃんが歌っていたパートを私がもらって由加ちゃんぽく歌おうと思ってもなかなかそうはならないし、だからこそそれぞれの個性を光らせて歌えていると思っていますし、歌割りに関してはみんな柔軟に対応していると思います。

―でも、自分の前に担当していた人の歌がどうしても印象に残っているじゃないですか。それをすぐに自分のものにしていくのはなかなか難しいんじゃないかと思うんですが。

段原 家で自分のパートだけ歌って練習するというよりは、みんなでリハーサルをして流れで歌うほうが「あ、ここはこういう流れなんだな」というのがわかりやすいので、みんなでいっぱいリハーサルをして場数を踏めば踏むほど馴染んでくると思います。でもなかなかそういう機会もないので、自分なりにシミュレーションして理解して本番でやってみるという感じです。

―先日行われた「ひなフェス2021」では『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』の歌割りがガラッと変わっていましたよね。

段原 「ひとそれ」はもともとオリジナルとニューボーカルバージョンがあったんですけど……。

金澤 今はそこからもだいぶ離れたところにいるからね。でも、逆に「ひとそれ」はやりやすいかも。いろんなバージョンがあるので、「このパートはこの人」っていうイメージが定着してなかったりするんですよ。だからそういう曲のほうが私は自分らしさが自由に出せると思っています。逆に、初期からずっと歌っているけど最近あまり歌ってない曲を久しぶりに新メンバーでやるときに、「おお、いつもと違う!」ってなります。

 

―当たり前のようにやっているからこちらも当たり前のように聴いていますけど、歌割りが変わるのって相当大変ですよね?

段原 当たり前のようにやるしかない(笑)。

―歌割りは自分の好みのパートが振られるものなんですか? それとも思ったのと全然違ったり?

3人 どっちもありますね。

金澤 新曲の場合は、レコーディングで何回も歌わされるから「あ、ここは私なんだろうな」というときもありますし。

段原 あはは! めっちゃある!

金澤 逆に、1回しか歌ってないところが歌割りになってて「なんかの間違いかな?」っていうこともあるので、どういう思考で決められているのかわからないです。なんで私は「キュン!」(「チクタク 私の旬」)とか言ってんだ?みたいなパートもあるので、ディレクターさんもいろいろお遊びをしながら決めていると思います(笑)。

Juice=Juiceが語る、実力派と言われる「歌」をメンバー目線で徹底解説

 

金澤朋子卒業まとめ

 

ハロプロを好きになればなるほど、卒業という文字を重く受け止めてしまいがちですね。オタクのいけないところです。

 

気を取り直して、、、

これからのJuice=Juiceの変化が楽しみで仕方ありませんね。オリジナルメンバーの卒業によって、新生Juice=Juiceになる日ももうすぐそこです。

ここからは非常に個人的な感想になるのですが、松永里愛さんに頑張って欲しいなって思ってます。里愛ちゃんはJuice=Juiceの雰囲気の中ではある意味異分子である分、爆発力があるはず。

まるで週刊少年ジャンプの主人公のようなメラメラ感と、一方で状況を冷静に判断できる頭を両立したキャラクターを持っている稀有な存在です。

あの溢れ出るパッション。あれがJuice=Juiceのストーリーの一部として現実になるのを夢みているのは僕だけでしょうか?

 

それでは今日はこの辺で。

 

”好き”をもっと
U-NEXT

U-NEXTではハロプロのライブ・ミュージカル作品を幅広く配信!

U-NEXTに
31日間無料トライアルで登録 ▷

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。