カントリー・ガールズ

【徹底解説】カントリー・ガールズが解散で活動休止。なぜ?今後は?

 

 

 

 

みなさんこんにちは。ぽる@poruw__です。

 

 

この記事では、カントリー・ガールズの突然の活動休止発表を受け、

 

これまでのカントリー・ガールズの沿革今回の発表に関する個人的感想を書いていきます。

突然の活動休止発表

なかなかショッキングな出来事なお知らせが,

ハロー!プロジェクトの公式HPで発表されました。

 

いつもハロー!プロジェクト及びカントリー・ガールズを応援していただきありがとうございます。
カントリー・ガールズですが、
12月26日 LINE CUBE SHIBUYAでのコンサートをもって、活動を休止、
メンバー4人はカントリー・ガールズを卒業いたします。

カントリー・ガールズは2014年、カントリー娘。の里田まいをスーパーバイザーに迎え結成されました。
2017年夏からは、ハロー!プロジェクトが20周年を迎えることもあり、日々の活動をより精力的に行うため、
森戸知沙希・梁川奈々美・船木結は、
ハロー!プロジェクトの他のグループとカントリー・ガールズの活動を兼任し、
山木梨沙、小関舞に関しては「学業との両立」のため、他のグループを兼任しての活動は困難な状況と判断し、
学校の放課後や休日、長期休暇中での稼働をメインに活動してきました。
 
今年になって、メンバーから、今後の活動について相談したいと話がありました。
 
山木は芸能活動に区切りをつけ、就職して新しい道を進みたい
小関は大学の進学を目指しつつ、個人での芸能活動にチャレンジしたい
船木はハロー!プロジェクトから離れたところに自分の身を置き、
ダンスを中心に学びながら自分の力を試したい
と、それぞれ将来についての話でした。
3人の次の目標に進む意志が固いことが確認できたので、新しい道に送り出すことを決めました。
 
山木はハロー!プロジェクト、カレッジ・コスモスも卒業し、芸能活動は引退、
小関はハロー!プロジェクトも卒業、芸能活動を継続、
船木は2020年3月をもってハロー!プロジェクト、アンジュルムを卒業、以降芸能活動を休止いたします。
森戸は引き続きモーニング娘。のメンバーとして活動していきます。
 
カントリー・ガールズとしての今後ですが、メンバーを一新し再始動することを考えています。


これまでカントリー・ガールズを応援していただいたすべての皆様に心から感謝いたします。
今後も引き続き応援いただきますよう、お願いいたします。
 
 2019年10月18日
株式会社アップフロントプロモーション
代表取締役社長 西口猛

ハロー!プロジェクト 公式HP

 

公式からの発表をまとめると…

 

 

・カントリー・ガールズは今年の12月26日のライブをもって解散

山木梨沙さんはハロー!プロジェクト、カレッジ・コスモスも卒業し、芸能活動は引退

小関舞さんはハロー!プロジェクトも卒業、芸能活動を継続

船木結さんは2020年3月をもってハロー!プロジェクト、アンジュルムを卒業、以降芸能活動を休止

・森戸知沙希さんは引き続きモーニング娘。のメンバーとして活動

・カントリー・ガールズは今後メンバーを一新し再始動するかも

 

いやいやいや、情報過多すぎて脳が追いついていない状況ですけど!!

-AD-

カントリー・ガールズの沿革

初期メンバー

 

カントリー・ガールズは、2014年に”カントリー娘。”の後継ユニットとして誕生しました。

初期メンバーは、稲場愛香(現 Juice=Juice)、山木梨沙、森戸知沙希(現 モーニング娘。)、小関舞、島村嬉唄の5名でした。また、プレイングマネージャー(お目付け役)として元Berryz工房の嗣永桃子も加入し、6名体制で本格始動しました。

特に、島村嬉唄ちゃんは素人加入ながら、その可愛さとアイドル性から大人気で”うたちゃんフィーバー”と呼ばれるほどでした。笑 

そのおかげもあり、急遽メジャーデビューという運びにも繋がっています。

島村嬉唄ちゃんの卒業と2期生メンバーの加入、そして…

2015年の6月に島村嬉唄ちゃんが事務所との契約を途中解約となり、グループを脱退。理由は諸説ありますが、事務所と家族との折り合いが悪かった(送迎問題?)ことがきっかけとなったようです。

その後、11月に船木結ちゃん(兼任 アンジュルム) と梁川奈々美(卒業:元 Juice=Juice)が加入。

7人体制となり、ようやく腰を据えてカントリー・ガールズを世界に発信していくぞと誰もが期待したのもつかの間。

稲場愛香ちゃんが喘息療養のため活動休止。からの脱退

 

オタクたちは再び唖然としました。またか…と。

まなかんが喘息もちという情報も初耳であり、普段イベントを欠席するような子でもなかったので、まさに青天の霹靂でした。

この辺から、カントリー・ガールズはなんでこんなにも不運に見舞われるのかとオタクたちは頭を抱えるようになります。

またオタクにとって辛いのは、本人からの直接の挨拶がなかったことです。

少しでも顔をみたい。本人の口から話を聞きたい。そんな思いも届かぬまま、6人体制となって活動をするようになりました。

もうこの時点でカントリー・ガールズのオタクだけでなく、ハロー!プロジェクトの他のグループが好きなオタクたちにも異常事態感が伝播しており、どうなってんだこの状況…この事務所大丈夫か….??となっていました。

ハロプロ新体制化にともない組織改編

 

これが近年で1番ハロオタをざわつかせた事案ではないかと思います。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

 

ここまで来ると、完全に脳内が???状態になりました。

来年にはハロー!プロジェクトが20周年を迎えることもあり、日々のハロー!プロジェクトの活動をより精力的に行うため、日々のハロー!プロジェクトの活動をより精力的に行うため、森戸知沙希・梁川奈々美・船木結は、ハロー!プロジェクトの他のグループに移籍してメインの活動を行い、カントリー・ガールズの活動と兼任する事になります。

どのグループに移籍するかは、後日改めて発表させていただきます。

現在、大学2年の山木梨沙、高校1年の小関舞に関しては「学業との両立」もあり、
ハロー!プロジェクトは中学卒業後の学業も大切であると考えているので、
前述の3人のような体制での活動は困難な状況と判断し、在学期間中は他のグループへ移籍はせずに、
カントリー・ガールズとして、学校の休日や長期休暇中での稼働をメインに活動させることにしました。

http://www.helloproject.com/news/7195/

 

兼任先のリーダーたちもさぞかし大変だったでしょう。

いや、それよりカントリー・ガールズのメンバーたちの心情はどうだったのか。

あんなに色々あった中でもカントリー・ガールズとして活動してきて、カントリー・ガールズしか出せない空気感、「愛おしくってごめんね」 「どうだっていいの」 「VIVA!!薔薇色の人生」と色んなグループに愛される楽曲も出来ていたのに。

ももちが卒業して、「ここから真のカントリー・ガールズが始まるぞっ!!」と思っていたオタクも多かったはずです。

そのタイミングでこの組織改編。

やまっきとおぜこは、学業との両立を理由にカントリー・ガールズのみの所属で、メインは学業。他の3人は各グループに兼任という形で移籍させるという。

確かに、モーニング娘。のちいちゃんもアンジュルムのふなっきもJuice=Juiceのやなみんも観てみたいし、絶対素敵になるはずです。

 

でも、カントリー・ガールズの世界観&楽曲は、

唯一無二で”可愛さ”に溢れていて素敵なんです。

 

それが無くなってしまうんではないか。

 

今後どうなっていくのか。不安になって事務所を批判する声も大きくなっていきました。

それでもハロコンだったり、周年記念イベントではカントリー・ガールズの姿がみられて、まだカントリー・ガールズはここにあるんだって思わせてくれていました。

-AD-

今回の活動休止とメンバーの反応

 

1番印象的なのは、おぜこのブログの言葉でした。

2017年の春頃

カントリー・ガールズが新体制になることが決まり、この先の活動に悩んでいたところ、学業とカントリー・ガールズの活動を両立してみてはと提案がありました。それを受け私は高校に通いながら活動する事にしました。


その後7月から新体制となり

その頃から自分の今後についてさらに考えるようになりました。
 
カントリー・ガールズとして充分に活動していく、という思い描いていた未来はこの時から少しずつ変わっていったように思います。

https://ameblo.jp/countrygirls/entry-12537075852.html?frm=theme

 

特に「カントリー・ガールズとして充分に活動していく、という思い描いていた未来はこの時からすこしずつ変わっていったように思います。」の部分。

これは、

本人はカントリー・ガールズとして活動していきたかったができなくなってしまった。と解釈してしまいたくなります。

新体制になった理由も、カントリー・ガールズの形を変えてしまった、変えざるを得なかった理由も僕らオタクには全くわかりません。

でも、僕らの思いは同じでメンバーがやりたい目指したい形で活動して欲しいということ。

それが叶わないのは悲しすぎる。

 

続いては、アンジュルムの伊勢鈴蘭ちゃんのブログです。

ハロープロジェクトから一つグループが減ってしまうということは凄く大きい事ですね。
カントリーガールズさんはこのメンバー(ご卒業されたかた含め)だからカントリーガールズだ!と思うくらいの団結力でお互い信頼し合ってるいるんだなって思うんです。

毎度パフォーマンスをするたびに、
団結してる…すごい   
そう思わせてくれました
本当に大きい存在でした
毎回、私は元気を貰っていたし、
ファンの皆さんも同じだったんじゃないでしょうか。

https://ameblo.jp/angerme-new/entry-12537137723.html

 

カントリー・ガールズはメンバーの卒業・脱退が、ある意味印象的な形であったことも要因かもしれませんが、結束力が強くカントリー・ガールズとして活動していきたいであったり、この場所をこのメンバーで守りたいという意識が強い気がします。

 

そんな彼女たちにとって、2017年の実質のグループ移籍は、

今後自分はどうしていきたいのか?

を考えさせるのには充分な出来事であったでしょう。

特に、山木さんと小関ちゃん

2人は本当に本当に色んなことを考えてきたはずです。

月並みではありますが、2人含めカントリー・ガールズメンバーには本当に今現在未来永久に幸せであって欲しい。

-AD-

まとめ

 

実質的に、今までのカントリー・ガールズはなくなってしまいます。

メンバーを一新して活動再開させると書いてありましたが、それは新グループであり残念ながらカントリー・ガールズではありません。

あの多幸感に溢れた”VIVA!!薔薇色の人生”が聴けなくなるのは寂しいなぁ。

 

いまが
どうしよう どうしよう しあわせ
明日の 明日の 幕開け

困難 荒波 大歓迎
私なら大丈夫です 薔薇色の人生
みんなも最高です 薔薇色の人生

解散コンサート、この曲でみんなが泣きながら歌っているのが目に浮かびます。オタクも。

僕含め、最後の最後までしっかり見届けて送り出してあげましょう!!

 

”好き”をもっと
U-NEXT

U-NEXTではハロプロのライブ・ミュージカル作品を幅広く配信!

U-NEXTに
31日間無料トライアルで登録 ▷

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。