アンジュルム

【徹底解剖】アンジュルムの歴史とメンバー紹介【初心者向け】

 

みなさんこんにちは。ぽる@poruw__です。

今日も芸能サイトやまとめサイトには載ってない内容をお届けするをポリシーに、愛するハロー!プロジェクトについて書いていきます。

今回の記事ではハロプロのアンジュルムというアイドルの魅力についてたっぷりご紹介していきます。

 

アンジュルムの歴史とメンバー紹介ということで、以下の内容についてお話していきます。

 

・アンジュルムのグループ名の由来
・メンバー変遷(過去〜現在)

・グループの歴史
・ターニングポイント

ハロプロでの歴史の長さでいえば、

モーニング娘。>アンジュルム(スマイレージ時代含む)>Juice=Juiceとなりす。

アンジュルムの大事なストーリーをターニングポイントごとに紐解いていきます。

 

初めてライブに行く予定があるって人はこちらも要チェック!!

ハロプロのライブに初めて行くって人はこちらの記事をまず見てください!

【初心者向け】ハロプロのライブに初めて参戦するあなたへ | マニュアル~完全版~

在宅時間をもっと有意義にしたいって人はこちらの記事もご覧ください!

【在宅】U-NEXTでハロプロのライブを見倒すべき理由【経験談】

 

アンジュルムの名前の由来

 

アンジュルムは実は”S/mileage(スマイレージ)”というグループが前身のグループです。”S/mileage(スマイレージ)”は、当時の総合プロデューサーであるつんくさんによって命名されたグループです。

しかし、つんくさんは2014年10月のモーニング娘。’14のニューヨーク公演後にハロー!プロジェクトの総合プロデューサーを退き、その頃からハロプロに変革期が訪れます。

 

その1つが、スマイレージというグループの改名でした。また、改名と同時にメンバーの増員(3期生の加入)も発表されました。

 

 

改名とメンバー増員の公式発表については、以下の通り。

スマイレージはメジャーデビューから4年半が経とうとしています。

最初は4人でスタートしましたが、2011年小川・前田が相次いで卒業、グループ存続の危機を迎えました。

そんな中2期メンバーが加入し、6人になったグループでいろんなことを乗り越え、今年、夢だった武道館公演を成功させることができました。
スマイレージにとってとっても大きなことだったし、自分たちの自信にもつながりました。

今では改めて2期メンバーの4人に感謝しています。
武道館公演の成功を一つの区切りとして、スマイレージをさらに大きくしたい、とこれまで以上に考えるようになりました。

そして普段会話している中で、2期メンバーが、私たち初期メンバーが卒業することがあったらグループをどうしていこう、と不安に思っていることをたまに口にすることもあったので、私たちはスタッフさんと相談し、ハロプロ研修生の中からメンバーを選ぶことになりました。新しいメンバーが入ることでみんなのいい刺激になればいいな、と思っています。

新しいグループ像を打ち出すために名前も変えることにしました。グループ名は皆さんから募集します。

ここまでをスマイレージの「第一章」とするなら、新たなグループ名で、私たち6人と新メンバーで「第二章」のスタートを切りたいと思います。

いままではできなかったことができるような、可能性も広がると思うので、どんどん新しいことにも挑戦していきたいです。

今後とも、応援よろしくお願いします。

スマイレージ 和田彩花、福田花音

 

ただ、この改名は”スマイレージ”という事務所の商標登録出願忘れの影響という噂も当時はありました。実は、スマイレージ結成から5ヶ月後に、株式会社ホワイトベースという会社が”スマイレージ”を商標登録していました。

しかも、商標の保護対象となる商品を決める、指定商品の部分に、DVDや電子出版物が入っていおり、もう狙われていたとしかいえない状況。

これに関しては、完全にアップフロント側の落ち度としか考えられませんね…。

 

さて、実際に公募した中から第2章の幕開けに相応しいグループ名が決められました。それが、今の『ANGERME』(アンジュルム)でした。

 

応募総数1万件(メンバー考案作品を含む)を超える中から選ばれたのは、

アンジュルム ANGERME 

命名はメンバーの中西香菜によるものです。

フランス語のange(アンジュ:天使)とlarme(ラルム:涙)を合わせた造語で、
天使のような優しい心で、いろんな涙を一緒にながしていこう、という意味が込められています。

スマイレージ 新グループ名 決定について

 

同時に、新メンバーとして、室田瑞希・相川茉穂・佐々木莉佳子の3名が加入し、アンジュルムとして活動していくこととなりました。

個人的には、ここが良い意味でスマイレージにとって大きな転機になったと思います。

-AD-

アンジュルムのメンバー変遷(過去〜現在)

 

現在、アンジュルムは以下のメンバーで活動をしています。

 

グループ結成当時からのメンバー変遷は以下の通りです。

1期生 和田彩花(2019年卒業)前田憂佳(2011年卒業)福田花音(2015年卒業)小川紗季(2011年卒業)
2期生 中西香菜(2019年卒業)、竹内朱莉、勝田里奈(2019年卒業)田村芽実(2016年卒業)
3期生 室田瑞希(2020年卒業)相川茉穂(2017年卒業)、佐々木莉佳子
4期生 上國料萌衣
5期生 笠原桃奈
6期生(番外編) 船木結(2020年卒業)、川村文乃
7期生 太田遥香(2020年脱退)、伊勢鈴蘭
8期生 橋迫鈴
9期生 川名凜、為永幸音、松本わかな

番外編と記載したのは、船木結さんはカントリー・ガールズの1期生であり、アンジュルムがファーストキャリアではないからです。

カントリー・ガールズの移籍・兼任に関しては、こちらのエントリーで解説してます。

【衝撃発表】ハロプロ新体制をハロ!ステ号外とともに振り返ってみる

 

また、7期生太田遥香さんはハロプロの規則違反をしてしまったということで活動休止からの脱退となりました。その事件については以下の記事で解説しています。

【繋がり?】アンジュルムの太田遥香さんの活動休止について思うこと

 

また、別記事で詳細なメンバー紹介も書いてるので、気になった方は見てください。

 

 
-AD-

アンジュルムの歴史

 

アンジュルムの歴史をデビューから現在まで簡単に紹介すると、

<2014年>

12月17日、グループ名を『ANGERME』(アンジュルム)に改名

<2015年>

2月、アンジュルム名義としての最初のシングル「大器晩成/乙女の逆襲」がリリース。オリコン週間シングルランキング2位にランクイン

11月、シングルの発売記念イベントでサプライズとして4期メンバーオーディション合格者が上國料萌衣であることが発表された

11月、福田が日本武道館で行われた「アンジュルム ファーストツアーコンサート2015秋「百花繚乱」〜福田花音卒業スペシャル〜」をもってアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業し、グループは9人体制となった。また中西と竹内がサブリーダーに就任。

<2016年>

5月、田村芽実が日本武道館で行われた「アンジュルム コンサートツアー 2016春 『九位一体』〜田村芽実卒業スペシャル〜」をもってアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業

7月、ハロー!プロジェクトのコンサート「Hello! Project 2016 SUMMER〜Sunshine Parade〜 / 〜Rainbow Carnival〜」の公演にて、ハロプロ研修生の笠原桃奈が新メンバーとして加入することが発表された

12月31日、和田彩花がハロー!プロジェクトのリーダーになることが発表された

<2017年>

1月、相川茉穂の活動休止がブログおよび公式HPのニュースにて発表された

6月、カントリー・ガールズの船木結とハロプロ研修生の川村文乃が加入することが発表された

12月、相川茉穂が、本人からの申し出もあって卒業(芸能界引退)

<2018年>

11月23日、「アンジュルム 2018秋『電光石火』」公演にて、ハロプロ研修生北海道の太田遥香、ならびに「ハロー!プロジェクト“ONLY YOU”オーディション」参加者である伊勢鈴蘭が新メンバーとして加入することが発表された

<2019年>

6月、和田彩花が日本武道館で行われた「ハロプロ プレミアム アンジュルム コンサートツアー 2019春 ファイナル 和田彩花卒業スペシャル 輪廻転生 〜あるとき生まれた愛の提唱〜」をもってアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業した。和田の卒業により、旧スマイレージ結成当時のオリジナルメンバーは名実共に消滅することとなった。

6月、竹内朱莉がアンジュルムの2代目リーダーに就任。また、新たなサブリーダーとして川村文乃が就任。

7月、『ハロ!ステ』にて、ハロプロ研修生の橋迫鈴が新メンバーとして加入することが発表された

9月、勝田里奈が「アンジュルム 2019秋「Next Page」〜勝田里奈卒業スペシャル〜」をもってアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業

11月、27thシングル『私を創るのは私/全然起き上がれないSUNDAY』がスマイレージ時代を含めて結成以来初となるオリコン週間シングルランキング1位を獲得

12月、中西香菜が「アンジュルム ライブツアー 2019 夏秋「Next Page」〜中西香菜卒業スペシャル〜」をもってアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業し芸能界から引退

12月、カントリー・ガールズのライブをもって船木結がカントリー・ガールズを卒業し、アンジュルム専任となった

<2020年>

1月、『Hello! Project 2020 Winter HELLO! PROJECT IS [     ] ~side A~』で、「アンジュルムONLY ONEオーディション~私を創るのは私~」(9期メンバーオーディション)を開催することが発表された

2月、太田遥香について「ハロー!プロジェクトのルールに反する事案が発覚、本人も事実を概ね認めた」とし、当分の間活動休止することがハロー!プロジェクトの公式サイトで発表された

3月、「Hello! Project ひなフェス 2020 ~被災地復興支援・東北を元気に!~ アンジュルムプレミアム公演」をもって室田瑞希がアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業

10月、活動休止していた太田遥香についてアンジュルムでの活動は終了し、今後、ハロー!プロジェクトで再び活動できるよう、1から目指していくことがハロー!プロジェクトの公式サイトで発表された

11月、「アンジュルムONLY ONEオーディション~私を創るのは私~」の合格者である川名凜、松本わかな、およびハロプロ研修生からの昇格組である為永幸音が9期メンバーとしてアンジュルムに加入すると発表された

12月、船木結が「アンジュルム コンサート2020 ~起承転結~ 船木結卒業スペシャル」をもってアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業した

アンジュルム wikipedia

 
 
アンジュルムへの改名からも様々な出来事がありましたね。
 
この中からアンジュルムの歴史の中で、大事なエピソードについてターニングポイントとしてピックアップしていきます。
 
 

アンジュルムの代表曲となる「大器晩成」発売 (2015年)

 

 

 

3期生の加入後、最初のシングル『大器晩成/乙女の逆襲』

ここからアンジュルムの大逆襲が始まります。正直、スマイレージ後期では、日の目を見ることはありませんでした。それをメンバーが自虐的に表現していたこともあります。

それが、「スマイレージはいつもこうだ」という田村芽実さんの発言。これは、とあるイベントで、スマイレージと当時新人であったJuice=Juiceのゲーム対決でJuice=Juiceが明らかに有利なルールになっていたことからです。

ここから、スマイレージに対して扱いが酷い・運が悪い際のリアクションとして使われるようになりました。

これ以外にも、以下のように色々エピソードがあるんです。

 

・記事や宣伝告知などでスマイレージの名前を何回も入れ忘れられる

・ハロー!プロジェクトのお祝いケーキにグループ名が入れ忘れられていたり

・竹内朱莉さんのグッズのスペルが間違っている、Aakari Takeuchi

・公式発表のスマイレージ武道館公演の日付が間違ってる

 

リーダーの和田彩花さんも自身ブログで自虐的に使っています。

スマイレージはいつもこうだ:和田彩花ブログ

 

でも、この大器晩成の発売からアンジュルムへの風向きが大きく変わってきます。

 

理由として、大きく4つ挙げます。

① 新加入の室田瑞希、相川茉穂、佐々木莉佳子の圧倒的なスター性

② 大器晩成という楽曲の完成度

③ 圧倒的にライブ映えするアンセムソング

④ これからのアンジュルムの逆襲を感じさせる歌詞

 

まず、大器晩成という楽曲のMV発表され、オタクたちがざわざわしたことを覚えています。当時はつんくさんが手がける楽曲が大半を占めており、他のアーティストが作曲する楽曲は非常に珍しかったです。今ではもうお馴染みですが、中島卓偉さんが手がけた楽曲です。

シンプルにノれるストレートなロックサウンドの中にも、ハロプロらしいファンク要素も入っており、1回聞いただけで覚えられるキャッチーなメロディー。そして、新加入した3期性メンバーのキラキラ感。全てが新鮮かつカッコいい。

落ちサビの決めの歌割りを、新加入の室田瑞希さんが歌い上げているのも素晴らしい。

これまでの暗いスマイレージのイメージを払拭するような楽曲でした。

 

そして、忘れてはならないのが非常に“ライブ映えする楽曲”で、会場が一体となってぶち上がれる曲に仕上がっていること。サビの振り付けが簡単なこともあり、自分の推しのグループとか全く関係なく、そこにいるオタクみんなで楽しめること。

 

最後に、今後のアンジュルムの熱いストーリー展開を予想させる歌詞です。

誰もこのハンパなさわかってない でも知ってもらえずに終わったら
死んだ後に評価が高まる 後付け天才のパターン
いやいやそんなのあり得ないし それ大器晩成って言わないし
是が非でもチャンスを物にして 今証明してやんなきゃ

大器晩成? もう
そんな人生 もう
びっくり返せ 今 掴みたい
大器晩成? もう
こんな御時世 もう
だからMyself 今 叶えたい

何にも惑わされずに どんな時代にも流されずに

大器晩成? もう
そんな人生 もう
びっくり返せ 今 掴みたい
大器晩成? もう
こんな御時世 もう
だからMyself 今 突き抜けたい

大器晩成…

 

結果的に、毎年恒例のファンイベントとなっている『ハロプロ楽曲大賞』で、アンジュルムの「大器晩成」が2位とダブルスコア以上の差をつけ堂々の1位を獲得しました。

スマイレージ時代の、ある意味下積みみたいな時期があったからこそ、メンバーの気持ちが乗るし、オタクも心を動かされたんだと思います。

アンジュルムコンサートツアー『九位一体』で新生アンジュルムの確立(2016年)

 

キラーチューン「大器晩成」とスター性のある3期メンバーを起爆剤として萌芽したアンジュルム。

 

個人的にその1つの到達点が、アンジュルム コンサートツアー 2016春『九位一体』~田村芽実卒業スペシャル~だったんじゃないかと思っています。

 

田村芽実さんの卒業前には、4期生である上國料萌衣さんも加入し、アンジュルムは新シングル『次々続々/糸島Distance/恋ならとっくに始まってる』を発売しました。

 

この「次々続々」という楽曲がまたまためちゃくちゃカッコいい

 

特に田村芽実さん卒業コンサートの1曲目のパフォーマンスがえげつない。鳥肌が立ちました。観客の度肝を抜くってこのことだなと。こちらの動画です。

 

 

そして、週刊少年ジャンプばりのアツい歌詞です。前々作あたりから、この新生アンジュルムの楽曲のコンセプトが完全に定まったように思えます。

 

どん底からの大逆転。下剋上。

 

大器晩成以降、”楽曲”と”アンジュルムのストーリー”が100%シンクロしている状態が続き、そういった意味でも曲を聞いた際に、高揚感が生まれるのかもしれません。

 

「次々続々」は、田村芽実さん参加のラストシングルということもあり、彼女とアンジュルムとの「別れ」についても歌詞に現れてます。これが最高に素敵。

変わり続けられるような勇気
変わらぬままそこにある真理
どちらも素敵 生きている醍醐味
The time has come,
3,2,1,Go!!!

次々続々 足音コツコツ
夜明けと夕暮れやってきます(Wow…)
ほら 次々続々 背中がゾクゾク
怖くて楽しみ 武者震い(Wow…)
あの思い出に 追い抜かれぬように
人生の路(みち) いざ立て最前線
どんな君でも 私は大丈夫
行って おいで
ゾクゾクさせてやれ

この別れが今を覚(さと)らせ
この出会いが期待ふくらませ
感じませんか? 生きている幸せ
The time has come,
3,2,1,Go!!!

 

注目して欲しい歌詞がこちら。

変わり続けられるような勇気(田村芽実)

変わらぬままそこにある真理(和田彩花)

どちらも素敵 生きている醍醐味

アイドルからミュージカル女優になるという夢に向かう田村芽実さん

一方、アンジュルムのリーダーとしてアイドルで在り続ける和田彩花さん

どちらも素敵とサラッと肯定するところが粋です。

 

アンジュルム コンサートツアー 2016春『九位一体』~田村芽実卒業スペシャル~を観て個人的には、

アンジュルムがハロプロで1番カッコいいんじゃないかと正直思いました。 

 

アンジュルムにカントリー・ガールズの船木結とハロプロ研修生の川村文乃が加入(2017年)

 

4期生の笠原桃奈さんの加入、和田彩花さんのハロプロリーダー就任というイベントがあった2016年の翌年の出来事です。

それが、近年のハロプロの一大事件である、ハロプロ新体制への移行

この時期は°C-uteの解散、嗣永桃子さんの卒業、カントリー・ガールズの活動停止など大きなニュースが盛り沢山でした。

ハロプロを代表する偉大な先輩たちが現役を退いていく中で、アンジュルムにもその余波がきます。

それが、カントリー・ガールズの船木結さんとハロプロ研修生の川村文乃さんの加入でした。

嗣永桃子さんの寵愛を受け、圧倒的なスキルを持った船木結さんの加入にはアンジュルムのメンバーに影響を与えていきます。

それが、カントリー・ガールズから鍛え上げられたトークです。

竹内朱莉:あと、川村文乃ちゃんもそうなんですけど、新しく入ってきた2人はすごくしっかりしていたので、それで焦ったのか分かんないんですけど、みんながちゃんとMCとか考えるようになりました(笑)。それまで適当なところがあったんですけど、今は笠原桃奈ちゃんもいちいち「竹内さん、聞いてもらってもいいですか?」って確認してくるし、それを見たカミちゃん(上國料萌衣)も「竹内さん、私もいいですか?」みたいな。ふなちゃんと川村文乃ちゃんの加入によって、ひとりひとりの意識が大きく変わったと思います。


船木結:MCと言えば、加入後初のライブに川村文乃ちゃんがMCを考えてこなかったらしくて、それで「ふなちゃんは考えてきたのに!」って泣いちゃったんですよ。で、その日のMC中に「ふなちゃんはちゃんと台本書いてきて……」って言い出して、「待って! それ言ったらアカンやろ」って(笑)。ディズニーランド行って「あの中には人が入ってます」なんて誰も言わないじゃないですか! それとおんなじなんですよ!
--営業妨害じゃないかと(笑)。

船木結:ミッキーはミッキーなんですよ!


竹内朱莉:ふなっきはふなっきだからね。でも実際に楽屋の外で作戦会議とかしてるんですよ(笑)。だから凄いなって。

アンジュルム【アンジュルム コンサートツアー 2018春 十人十色 + ファイナル@日本武道館】インタビュー

 

また、上國料萌衣さん・笠原桃奈さん・船木結さんは3人で将来について語り合うことも多くなったと他のインタビューで言っていました。特に、上國料萌衣さんと船木結さんはお互いアンジュルムとカントリー・ガールズのデビュー時期が同じなので、実質同期なんです。

 

笠原桃奈さんと船木結さんは、非常にプライベートでも仲が良かったです。笠原桃奈さんは、船木さんのことを”ソウルメイト”と表現するほどです。笑

 

船木さんは、私にとってソウルメイトだと思うほど、波長も趣味も思考もなにもかも同じで、こんな人には今後出会えないだろうと思うほどの人

だけどそんなふうに思っている人は、自分以外にもたくさんいるんだろうと思う。船木さんはメンバーにも、スタッフさんにもみんなに愛されていたから

だから時々すごく遠い存在に感じたりもしました。誰とでも仲良くできて愛嬌があって、歌もダンスもなんでもできるのに、謙虚で世界一キューティーだから

でもそれなのに二人で話したら、一番近くにいてくれているような、そんな感覚すらしたのは船木さんの力だと思う

人に愛される人は、ちゃんと自分からも人を愛してそして自分自身を愛しているんだと、彼女を見て気付きました。

 

真剣に語り合ったり 一緒に踊ってふざけたり 好きなドラマや音楽を共有したり 二人で舞台を見に行ったり 

そんな毎日を、ずっと並んで駆け抜けてきたように思えるんです。歩幅を揃えて、お互いに色んなことを乗り越えて、アンジュルムで一緒に駆け続けた

他の誰でもない船木さんとみんなで、このグループを愛してきたから、今があります

これからは歩幅も道も変わるけど、私は無条件に船木さんの幸せを願っているし、今以上に人に愛されて幸せになって欲しい

大きな愛を 笠原桃奈

 

そう言った意味でも、よりチームとしての結束力が高まった加入だったといえます。

和田彩花がアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業(2019年)

アンジュルムコンサートツアー2019春ファイナル

和田彩花卒業スペシャル 輪廻転生~あるとき生まれた愛の提唱~

 

僕のハロプロオタク人生でTOP3に入る印象的な公演でした。

この時のライブのレポは、【レポ/セトリ】アンジュルム コンサートツアー 2019春 ファイナル 和田彩花卒業スペシャル 輪廻転生 ~あるとき生まれた愛の提唱~にて当時のライブ直後の想いを書き連ねています。

 

和田彩花さんは、モーニング娘。でいう道重さゆみさんのような存在でした。

 

圧倒的カリスマ性をもち、動物園と称されるアンジュルムの野武士メンバーを先頭で率いる大将軍でした。後輩メンバーはその大将軍についていく。大将軍についていけば、アンジュルムは安泰だし、更なる大きな景色が観れる。そう信じて疑わなかった。

 

ただ、道重さゆみさんと和田彩花さんには個人的には大きな違いがあると思っています。それは、考えの根底にある立ち位置の違いです。

・道重さゆみさんであれば「モーニング娘。というグループ」

・和田彩花さんであれば「女性アイドルという一個人」

 

2人のインタビューでの発言は同じグループのリーダーといえど大きく異なるものでした。

和田彩花さんは思想家でもあり、その独特な深い思考から紡ぎ出される言葉がメンバーを、アンジュルムという組織自体に大きな影響を与えていました。

以下の和田彩花さんの卒業発表時のブログです。

一部抜粋しますが、ぜひ全文を読んで欲しいです。これを読めば和田彩花さんという人の性格がぼんやりと分かるかと思います。

自分がいなくなったあとのグループを考えるのはとても怖かったです。
後輩の成長した姿をみて安心したという先輩とそれを見送る後輩の図をよくみてきたけど、私にはその気持ちが全くわからなかった。大丈夫なんて言いきれないし不安はある。ありすぎるのです。

 

 

グループの在り方に今後に、頭を心を悩ませた2017年です。

 

 

自分はこの活動を通して、何を得たのか。
スキルアップ?幸せなアイドル生活?
そんな単純なものではなかったと思います。
様々な経験を通して1人の人間としてたくさん成長させていただきました。

 

では、後輩たちは今後1人の人間として成長していけるだろうか?

 

そんなふうにアンジュルムを考えたとき、
今とこれからのアンジュルムに後輩たちに必要なのは私ではなくメンバーそれぞれが自立することだと思いました。

私はここでたくさんの事を十分に学ばせていただきました。次はここから自分が良いと思うものを自分で表現していくべきだし、そうしたいと強く願います。

そして、アンジュルムはオリジナルメンバーがいなくなったとき初めて繋がっていく。
新しい形を自分たちの手でみんなで作っていくことに意味があり、大切な経験となります。良い意味で私を忘れて、みんなで「アンジュルム」をつくってもらいたいです。

 

私たちはそのような環境の中で青春を過ごし成長していくのだと思います。
そう、きっと青春なのです。
今まで通りであればその後はそれぞれの人生へ。
そんな当たり前の?道すじに今でもやっぱり素直になれないのです。
私にはグループの先に見える「それぞれの人生」が時に辛く、物足りなさを感じます。
本気でやろうと思うほどわからなくなりました。そんな単純なことに頭を抱えていたのです。

 

それならば、
それぞれの人生で本気でやろうと思いました。

 

 

私はステージに立ち続けたいです。

 

30代になったとき1人でステージで歌って踊っていることが次の目標です。
様々な表現をやっていきたいです。そうなれるよう、20代を過ごそうと考えました。
そして、できればアイドルで居たいのです。

皆さまへ

 

要約すると、

・スマイレージ初期メンバーであり、全ての歴史の目撃者である自分が卒業することで、真の意味で「アンジュルム」が始まる

・グループで夢を見ることは、「それぞれの人生」をある程度否定すること

・「それぞれの人生」は、時に、グループで夢をみるよりも物足りなく感じる

・でも、30代になったとき1人でステージで歌って踊っていることが次の目標であり、そのためには卒業して「それぞれの人生」で本気でやる

 

和田彩花さんの表現は独特です。

一般的には、人にわかりやすく伝えた結果、表現が丸くなることはよくありますが、和田彩花さんの場合は、頭の中をそのまま晒け出しているような文章で、よりリアルでより人の心に直接刺ささる気がします。

この特殊な能力は和田彩花さんの卒業後の活動を見ていても存分に活かされているなって思います。

 

さて、こうしてスマイレージ発足からアンジュルム卒業までの約15年間、リーダーとして全ての責務を全うしてきた偉大な和田彩花さんが卒業したことにより、真の意味で”アンジュルム第2章”が始まることになります。

 

しかし、新生アンジュルム第2章の始まりも、モーニング娘。でいう偉大なリーダー道重さゆみさんの卒業と同じく、すんなりと新体制へと移行できたわけではありませんでした…。

 

道重さゆみさんの影響力については、【天才】モーニング娘。の歴代エースは誰?【徹底解説】で解説しているのでよければチェックしてください。

アンジュルムの卒業ラッシュ(2019~2020年)

 
 
リーダーの和田彩花さんが卒業したのが、2019年6月。
 
ここから、アンジュルムの卒業ラッシュが始まります。
 
 
・2019/9:2期生の勝田里奈さん 卒業

・2019/12:2期生の中西香菜さん 卒業

・2020/3:3期生の室田瑞希さん 卒業

・2020/10:7期生の太田遥香さん 脱退

・2020/12:6期生の船木結さん 卒業
和田彩花さんの卒業から、わずか1年半で5人が卒業(脱退含む)しました。
 
このアンジュルムの卒業ラッシュについて考えられることは、他のメンバーは「和田彩花さんの卒業を待っていた。」と考えるのが自然かもしれません。
 
 
和田彩花さんの生き様や考え方を側でみていると、自然と”グループとしての自分”ではなく、個人としての自分”の将来について考えるようになるのは非常に腑に落ちます。
 
「グループとしての将来」と「それぞれの人生」
 
この2つを天秤にかけ、自分にとっての最高のタイミングで次の人生に進む。その最高のタイミングをみんなが見計らっていたのが、和田彩花さんが卒業発表してから、実際に卒業するまでの1年間だったのかなって思います。
 
 
この1年間半でアンジュルムというグループは大きく様変わりしました。
 
それでも、個人的にはアンジュルムというグループの本質は失われてないと感じてます。
 
 

これは、2代目リーダー竹内朱莉さんの功績で間違いありません。

アンジュルムというグループが通称”動物園”と呼ばれているのも、メンバーの素の個性を認め、それをグループ内でも開放させることができているからです。

個性の解放という話で、竹内朱莉さんという存在は欠かせません。

竹内朱莉さんは、バラエティやグループでトークをする際にイジられ役を買い、先輩後輩関係なくイジられてます。新しく入ったメンバーが萎縮せずに、グループの雰囲気に馴染むように。

 

竹内朱莉さんの素晴らしいところは人徳だけではなく、完璧なパフォーマンスにもあります。

・他のメンバーのパートでリズムがズレていたら自分のパートできっちり直す

・どれだけイヤモニが不調であろうと完璧に歌い上げる

・他のメンバーが急にステージから居なくなっても、気づいてそのパートを歌う

 

アンジュルムというチームをパフォーマンス面で率いるのはもちろん、その人たらしな性格もあって、和田彩花さんとは毛色が違うリーダーですが、素晴らしいリーダーであるのは間違いありません。

 

これだけ短期間でメンバーが入れ替わろうとも、パフォーマンスレベルをキープし続けているところ、アンジュルムというグループのことを愛しているところ。

佐々木:タケさんこそパーフェクトな方だし、リーダーになる前から「タケさんがいてくれたら大丈夫」って思うことがすごく多いんです。あと、ライブでの煽りがすごく上手で。私も最近はライブで煽る機会もあるので、いつかタケさんみたいに上手に煽れるようになりたいですね。パフォーマンス面も含めてすごく尊敬してますし、憧れの先輩です。

竹内:あれ? 同じパターンかな?

佐々木:タケさんもなかなかヤバくて(笑)。卒業した室田瑞希っていうメンバーがいたんですけど、その子とタケさんが組むと、もう最強くらいにうるせえ。「うるさい」んじゃなくて「うるせえ」んですよ。すぐ無茶振りしてくるし。みんなでご飯を食べてるときに突然「ラップして!」とか。まあ、みんなノリでやっちゃうんですけど(笑)。

ーーみんながわちゃわちゃしてるのをリーダーとして冷静にまとめるというよりは、一緒になって騒いでいる?

佐々木:そうですね、部活の部長みたいな。リーダーっていうより部長。

竹内:私が一番騒いでるもんね。

佐々木:後輩の子たちがちょっと落ち着いてたりするから、私たち2人がすごく目立っちゃって。

竹内:「静かにしてください」とか言われるもんね。「竹内さん、うるさいですよー」って(笑)。

佐々木:そうやってタケさんに言えちゃうくらい、いい関係性なんです。上下関係はきちんとありつつも、なんでも言いやすい。タケさんの人柄がそうさせてるんだろうなって。

アンジュルム 竹内朱莉&佐々木莉佳子が語る、メンバーの卒業を乗り越え手にした新たな確信 「今のアンジュルムの形を残したい」

 

これからも進化していくアンジュルムを見られるのが楽しみでなりません。

 
-AD-

まとめ

 

アンジュルムの歴史と歴代メンバーについて、ターニングポイントを絞って解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

本当はもっと細かく書きたいところもたくさんあるのですが、1つの記事の中に詰め込むのではなく、また別記事でまったり解説していこうと思います。

 

アンジュルムというグループを一言で表すと、

”ハロプロ内最強の自由と個性”

であると個人的には思っています。

 

どんな新メンバーでも、アンジュルム色に染め上げていく。

ハロプロ内最強の野武士集団としてこれからの活躍を楽しみにしています。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

最近ハロプロを知ったよ!っていう人向けに、

他のグループ紹介もしているので是非チェックしてみてください!

”好き”をもっと
U-NEXT

U-NEXTではハロプロのライブ・ミュージカル作品を幅広く配信!

U-NEXTに
31日間無料トライアルで登録 ▷

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。